読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要はね、他人の荒が気になるやつ

f:id:emaeat:20170506184012j:plain

 

また後楽園行ったーよ(笑)

一緒に行く人が毎回違うんだよ(笑)

 

 

それにしても後楽園て不思議なんですよ。

結構訪れてるのに「え?こんなとこあったっけ?」な場所多い。

季節ごとに変化するダンジョンのようです。

(単に私の記憶力が脆弱なだけでは…)

 

f:id:emaeat:20170506184241j:plain

 

望遠レンズ持ってたのに付け替えるのめんどくさくて中途半端な距離感の亀さん。

 

結構暖かくなってきましたね。

 

f:id:emaeat:20170506184449j:plain

 

見える…見えるぞ…私には見える!

漂うマイナスイオンが!

 

f:id:emaeat:20170506184614j:plain

 

 

行ったのがこどもの日だったので気合い入れて鯉のぼり撮りました。

 

私「屋根よーりたーか…くない!しっかり飛べや!(連写)」

 

 

f:id:emaeat:20170506184955j:plain

 

 

見てぇこの青空!加工済み!(笑)

 

 

さすがGWそこそこ人が多かった。

 

 

このクソ多い時期にこの橋の下にあるカフェでランチ。

 

f:id:emaeat:20170506185307j:plain

 

烏城カレー。

中辛しかないとのことで、中辛なんて辛すぎて私の味蕾が全て死滅しかねないので私は無難に唐揚げ丼にしました。

 

f:id:emaeat:20170506185442j:plain

 

辛いの平気な人めっちゃ尊敬する…。

めっちゃ尊敬するけど「辛いの平気なん?!じゃあドMだね!やーいやーい!」とウザいコメントを悔し紛れにぶっ込みます。

 

f:id:emaeat:20170506185636j:plain

 

なんとこのお店、窓際の席になるとこのように景色が 一望できます。

ここで痛恨のミス。

 

岡山城もここから見えるんですよ。

それを写真に収めろって!完全にむず痒い水虫のような写真です。ちげーよ例えたけど私は水虫じゃねぇ。

 

碧水園というお店です。烏城カレーは岡山ならではなので、オススメです。

ちなみに烏城とは岡山城のことです。

岡山城がカラスのように真っ黒なことからこのように呼ばれています。姫路城でいう白鷺城みたいなものです。

 

 

ちなみにWikiに書いてあったのですが 

岡山城…別名「烏城」(うじょう、と読む)

松本城…別名「烏城」(からすじょう、と読む)

 らしいです。知らんかった。

 

 なので、岡山で烏城カレーを注文する時は

「うじょうカレー」と読んでくださいね。

なんだこの郷土愛溢れる記事。

 

f:id:emaeat:20170506190335j:plain

 

 

岡山城や後楽園までの直通バスがあるようですが、ちんちん電…市電でもイけますよ。

 

この前ブログで書いたマスキングテープ仕様の市電がちょうど来てくれたので、パチリ。

 

 

 

 

別のカフェにも寄ったのですが、そこでちょっと気になったこと。

 

 

カフェの店員さん、新人アルバイトの子にめっちゃ厳しい(笑)

 

ベテランアルバイトのねーちゃんが「新人ちゃん、次これ9番さんね〜!」っていうこの何気ない指示の言い方もめっちゃ怖い(笑)

 

 

新人さんが不意にお客さんに呼び止められて対応してる時も

「新人ちゃん16番さんにこれ〜…チッ、来ないし〜」

 

怖い怖すぎるって(笑)

 

そういうの奥の厨房でやって!客が見えるところで露骨な新人ビシバシやめて〜かわいそうになるやん!

 

なんだろう、新人教育って大事だけど、お客さんから見ても気持ちの良い新人教育ってのもポイントにして欲しいですね。

 

新人さんとはいえ、人としてのプライドもあるから、そこはちゃんと尊重してあげて。

 

私が新人の時は、先輩がそういうことをしてくれたからそう思えるのかも。

 

 

だめだ、どこ行っても他人の荒が気になるんや。

 

他人の振り見て我が身を直せ。

私が他人の荒や嫌なところ、

欠点がすぐ見えることは逆に自分を良くするための長所だと思います。

 

全ての人間に好かれる人間などこの世にはいないけど、

せめて今私に関わってくれてる人を不快な気持ちにさせないためにも

他人の振り見て我が身を直せは重要だと思う。

 

(それでもなんやかんや文句つけてくる人は知りません、こちらから願い下げです)

 

 

というわけで、見ず知らずの私に不快な思いをさせてくれてる人、

ありがとう。

私はあなたみたいにはならないように身を正して生きていきます。